手順
本物の良さを知っていただきたいから・・私たち職人は心と技で家をつくります!
宗 Munemasa 政

〒390−1242
松本市和田
彩の町入り口

宗政で家を建てるまでの流れ

■設計まで、私たちの経験ノウハウを大いにご利用ください。

モデルハウス・見学会
  • モデルハウスや見学会にご来場いただき、宗政で建てた家をジックリご覧ください。
仕様・工法のご説明
  • 無垢の木三昧の仕様や工法をわかりやすくご説明させていただきます。

ご希望・ご要望
  • お客様の家に対する夢やご希望をお話ください。
  • 環境・生活スタイル・家族構成・家への感じ方・家への思い・将来構想・建築資金・趣味や好き嫌いなどをお聞かせください。
  • 家造りへの心配事や悩み、疑問など、なんでも気楽に話してみてください。

調査
  • 基本となる敷地を確認するために敷地調査をいたします。
  • 環境関係、隣地関係、接続・近隣道路関係、開口部などの向きや広さ。
  • 敷地条件や建築制限、用途地域の制限(防火準防火、危険区域、高圧電線等)
  • 埋立地、田、畑、土地の水位など土地の硬さや土地の形状を調査いたします。

プラニング
  • 調査結果にもとづく各種制限をクリアーする配置、大きさ、高さ、仕上げ材等
  • 間取りと配置、雰囲気、あなたのこだわり、建物の内や外の動線とあなたの生活スタイル、窓の位置や開口部の配置、空気の流れ動き、空間などを考慮して打ち合わせをいたしましょう。
  • 家の外観、和風、洋風、南洋風、アメリカン、ヨーロッパ風、和洋折衷、自分流など周辺環境にあった、自分にあった形や色を創造していきます。
  • どんな無理な空間や希望であっても、ぶつけて見てください。経験を生かし知識を生かし、考えて提案して希望を実現させるよう最大限の努力をいたします。
  • 資金計画はしっかり行いましょう。
  • 話し合ったプランをまとめて、それを形にした図面を作成して行きます。
  • ご納得いただけるまで、何度でも図面は書き直しをいたします。

お見積り
  • 図面をもとに概算の見積金額をご提示します。
  • ご予算との照らし合わせなどご確認をしていただきます。
  • 再度、建築請負金額の概算見積を、打ち合わせをしながら調整していきます。
  • おおよその確認が済みましたら、模型を作製し再度プランの確認して頂きます。
  • 図面と模型にて確認と了解が出ましたら、最後の打ち合わせに入ります。

仕様打ち合わせ
  • 図面と模型を確認しながら仕上げなどの仕様を確認していきます。
  • しっかりと取り決めが出来ましたら契約の準備となります。

契約
  • お見積り内容でご確認いただけましたらご契約を結んでいただきます。
    プランニング、仕様、請負金額、支払い条件、工事日程、契約条件等の内容を納得ゆくまでご確認ください。
  • ご契約は、宗政事務所又はお施主様宅にお伺いしてご契約を交わします。

建築確認申請
  • 確認申請を行います。配置から図面の確認をし最終の確認を現地にて行い、書類を一式揃え役所に提出いたします。
  • 確認申請提出と同時に10年保障の書類・その他補助金関連の書類全てを揃えて提出いたします。
  • 確認申請はおおよそ1週間から15日程度を見込んでください。
  • 確認申請許可が下りましたら、いよいよ着工に向け基礎工事などの準備に入っていきます。

■建築開始、職人の技が冴えます。

地鎮祭
  • 契約時に、地鎮祭の準備から流れを提示させて頂きます。日程確認をし神社の選定をし時間を決めて地鎮祭の儀を行います。


着工

基礎工事
基礎工事

刻み・建て方
刻み・建て方

  • 基礎工事の前に丁張り工事を行います。配置から高さを正確に丁張りに書き出す工事です。
  • 土工事が始まります、重機が運び込まれ掘削が始まります。
    余分な土はダンプカーに積み込み搬出します。
    土を十分転圧し砕石敷き込みとなります。
    現場代理人が立会い寸法確認状態確認し写真に記録をとります。
  • 防湿シートの敷き込みから鉄筋工事を進めます。
    その際10年保証の関係から 補助金関係などの検査を受けます。
    現場代理人が立会い双方の同意の上検査終了します。
  • 打ち込み コンクリートの打設です。
    コンクリート強度と温度補正を指示し現場代理人が立会い打設します。
    コンクリート強度の書類はお施主様に提出します。
  • 刻み 材木の手配が進み 加工の打ち合わせに進みます。
    細かな桁梁などの収めから柱の位置などを綿密に打ち合わせしていきます。
  • 建て方 加工が仕上がった物を確認し現場搬入になります。
    建前に必要な材木も一緒に搬入し次の日に建て方開始します。


上棟

屋根
屋根・外壁工事

  • 建て前 建て方が終了し屋根の形まで進んだ状態で上棟式の時間を決めて皆さんに集まっていただき二階で式を挙げます。
     その後記念撮影をして終了します。
  • 屋根工事 屋根の下地が完成した所で屋根工事に入ります。
    防水紙から釘の間隔までしっかりと現場代理人が確認し工事を進めます。
    現場確認の写真を記録に残していきます。
  • 外壁工事 屋根工事が完了と同時進行していた木工事も進みサッシから外壁全ての木工事を進めていきます。
    木工事などの工事を進めるにあたりお客様と定期的に日程を決め定例打ち合わせを進めていきます。
    電気の位置から収納など全てを確認から打ち合わせを現地で進めていきます。

木工事完了
  • 内装工事の始まる前に、スイッチやコンセントや電気配線位置を確認します。
  • 内部建具確認から壁、塗装のサンプルを用意し現地で確認し進めていきます。


内装仕上げ

造作
造作・仕上げ工事

  • 内装 あらかじめサンプルなどで取り決めをしました材料により仕上げに入ります。 その際に手形・模様・ビーだまからタイルなどの埋め込みを楽しんで行っていきます。
  • 仕上げ いよいよ電気建具設備機器などの取付けをして最終の仕上げに入ります。

竣工
  • 全ての工事が滞りなく完了したところで、役所の検査から会社内検査と確認・補助金関係の検査をします。全ての業者より個人情報の書類を回収し処理します。 全ての機器・設備・造作物が問題無く機能することを確認し竣工になります。

お引き渡し
  • 全体のクリーニングが完了して磨きあがった新築の家に、お施主様に入って頂き確認して頂きます。
  • 全ての設備機器からお手入れの説明をさせて頂き 竣工書類から鍵の引渡しをさせて頂きます。
    この時 長い月日を掛けて創りあげた建物に対する作る側の想いとお客様の想いを語り合う瞬間になります。
    これを持ちましてお引渡し終了となります。

アフターサービス
  • 建築後の家に関するすべてのお問い合わせからアフターメンテナンスを行います。
  • お客様との顔の見える関係を重視し、保証・メンテナンス・点検訪問で年4回以上ご訪問いたします。